鬼みたいな風俗嬢にあたった

どうしても…

あの日はやたらと風俗で遊びたいって気持ちが強かったんです。なんであそこまで気持ちが強まっていたのかは、自分でも良く分からないんですよ(笑)別に欲求不満って訳でもないと思いましたしね。だって全然イライラしていた訳じゃないんです。ただ、シチュエーション敵には結構整っていたんです。休前日で残業がなかっただけじゃなく、給料日直後でもあったので風俗で遊ぶだけのシチュエーションが揃っていたからなのかなって思ったんですよね。それでとりあえず遊んできました(笑)遊びたいって思った時に我慢しても仕方がないかなって気持ちがありますので、とりあえず遊ぶことが出来て良かったですし、相手をしてくれたMちゃんも可愛いしで、突発的な衝動で遊んだ割にはとても楽しい時間を過ごすことが出来たんじゃないのかなって。とりあえずそれで楽しい時間になったことだけは間違いないんですし、改めてやっぱり風俗は最高だなという気持ちにもなりました。

だけど風俗だけは違いますよね

これまで女の子と遊びたいという気持ちから、いろいろとチャレンジしてきたんですけど、どれも結果はイマイチ。むしろあんまり楽しくないなと思う事さえありました。それがです。風俗は最高に楽しいです(笑)別にこちらの個性が求められるということもないですし、努力しなければ勝ち取ることが出来ないって話でもないんですよね。すべては自分が選んだ相手次第と言うか、そんなに深い話ではないんですよ(笑)別に男女の駆け引きが求められるようなこともありませんし、楽しみたい時に電話すればよいんです。こんなに簡単に自分が求めていた「遊び」が出来るのであれば、これまで頑張っていたのは何だったんだろうって気持ちにもなりますよね(笑)これだけあっさりと楽しめるなら、むしろもう風俗でいいというか、余計な努力をする必要そのものがないんじゃないのかなって思ったほど。それだけ衝撃的というか、風俗には一種のカルチャーショックもありましたね(笑)